イマークSの主成分DHAとEPAの効果に注目!

DHAとEPAは共に脂質の一種です。

 

脂質と聞くと、体にあまり良くないイメージを持たれている方も多いかもしれません。
しかし脂質は、健康のためには欠かすことができない栄養の一種であり、適量は摂取することが必要です。

 

ただその中でもDHAとEPAは、通常の脂質と違い、温度によって性質の変化が起こりにくいと言う特徴を持っています。
そのため摂取しても体の負担になりにくく、逆に体に対して良い作用をもたらすと言うことが明らかにされています。

 

 

イマークSは、血中脂肪低下が期待できるのか?

その作用のひとつとして挙げられるのが、血中脂肪低減に対しての作用です。
血中脂肪と言うのは文字通り、血液中に溶け込んでいる脂質のことで、
これは細胞を働かせたりするエネルギーになるため体には欠かすことができない脂質です。

 

ただし血中脂肪にはいくつかの種類があり、その種類に偏りがあったり、
その量が多すぎたりすると健康に対して様々な支障が出てくる恐れが高くなってしまいます。

 

たとえば血流が滞りがちになることで血管性疾患のリスクが高くなったり、
血管に対してのダメージが大きくなり動脈硬化のリスクが高くなることなどが支障の一例です。

 

そのため血中脂肪を抑制することは健康維持のためには重要なのですが、DHAとEPAには、血中脂肪の内。
中性脂肪の低減に対しての作用があるとされています。

 

 

特定保健用食品(トクホ)の効果のほどは?

 

国から特定保健用食品(トクホ)の認可を受けているイマークS。

 

ではその効果のほどはどれくらいなのかと言うと…

 

これは消費者庁によるランク付けで最高評価のAランクに位置付けられているくらいですから、
それなりの効果が期待できると考えることができます。

 

そのメカニズムとしては、ひとつはDHA、EPAにより余分な中性脂肪がエネルギーとして
代謝されやすくなるためであり、それ以外にも中性脂肪の合成を抑制する作用や脂肪分解酵素の生成を促進することで、
中性脂肪の分解を促進させる作用があるためだとされています。

 

DHAやEPAは薬ではないので、即効性期待するのは難しいです。
しかし長い期間、摂取し続けることで、血中の中性脂肪に対して確かな効果が期待できると言えます。